herbal medicines with many colors

GABAを増やす薬

不安症の状態のとき、脳内では神経が不安で緊張するのを抑制する「GABA」という神経伝達物質の数が減っている状態にあります。抗不安剤は、その量を増やす働きを持っています。

many medicines mixing

徐々に減らしていこう

抗不安剤は、一生飲み続ける薬というよりも、一時の不安症状態を改善させるための薬です。徐々に減らしていくことが大切です。デパスは依存性が低いので、それがやりやすいでしょう。

white drugs with ellipse shape

安眠のために飲む

寝る前にいろいろ考えてしまって毎晩よく眠れない。そんな状態にもデパスなどの抗不安剤は効果があります。不眠症治療の薬としても使われている、幅広い使いみちがある薬です。

いちばんはデパス!

white drugs with circle shape

何か初めてのことに着手するとき、期待よりも不安が先立ってしまう。しかも並大抵の不安ではなく、心がおしつぶされそうな、今すぐ回れ右したくなるような不安にさいなまれる……そんな人は、不安症という精神のバランスが崩れる病気を発症している可能性があります。
この病気は、「病気」とはいっても決して珍しいものでもなんでもなく、特に最近の世の中では多くの人が大なり小なりその傾向が強いと言えます。
少々神経質な性格の人が、たまたまその傾向が極端に出てしまう、ということなのです。「あがり症」などもその系譜につながるもので、とにかく心が落ち着かず不安定で、しかもマイナスのほうに揺れてしまう、という状態が続きます。
この状態が続いてしまうとうつ病を発症してしまう恐れがあります。


そんな不安症は、その名もシンプルな抗不安剤という薬を使うことで解消することができます。
抗不安剤は、不安症になっている人の神経に働きかけて心をリラックスさせてくれる薬です。心療科でも処方されている薬で、さまざまな種類のものが出ています。
さまざまな種類の抗不安剤の中でも、最も安全に不安を解消して心をリラックスさせてくれるのはデパスという薬です。
この薬は、抗不安、リラックス促進の効果が非常に高い系統の薬であり、しかも副作用が出る確率がきわめて少なく、出たとしても軽微。そして依存性が非常に低い薬となっています。しっかり効き、しかも薬に頼りすぎずに、不安症を治すことができます。
というわけで、ここではこの薬について、効果のメカニズムやメリットの内容について詳しいことを知っていきましょう。
またうつ病の治療に用いられる抗うつ剤のレクサプロやパキシルなどについても知っておいた方が良いです。
SSRIに分類される治療薬で副作用も少なく依存性がない為、安全性においても優れています。

デパスの効果や特徴を知りたい方はコチラ